自分の足に合った靴って見つからないからシンデレラシューズ講座へ行ってきた。

 

最近は、本屋スキをアピールしつつ靴にもはまっています(^^)/

 

ということで、「シンデレラシューズ講座」に行ってきました。

講師は、70歳までヒールを素敵に履ける トラブルなしのフットケア&整体サロンをされている長谷川さん。

長谷川さんが講座をされている理由・・

長谷川さんは、もともとフットケアサロンを3年前からされていています。

足を沢山見てきて、外反母趾になる人が必ずヒールの靴を履いているとは限らないことが分かったそうです。

外反母趾になるタイミングは、色んなパターンがあり、ぺたんこ靴を履いている人にも多いことが分かりました。

あれ、ヒールって必ずしも足に悪いわけではないのかも!っということで、靴について勉強をされたそうです。

その結果、ヒールは履いていた方がいいんじゃないかと勉強されたことと、サロンでの経験を生かして、講座をされています。

 

1年前からされていて、毎回満席でのべ200人ほどの方が受けられているそうです。

ということは、世の中に足に合った靴を見つけるのに悩んでる人が多い!ってこと。

1人でも70歳までトラブルを少しでもなくして好きな靴を履いてい欲しいなとおっしゃられていました。

講座の内容

スニーカーとヒールをそれぞれ履く時に気をつけることから始まり、

靴の選び方や靴の種類分け、

そして実際の自分の足を1人1人、測定してもらう。

測定してもらっている間は、太極拳のプチ講座もありました。

この講座のいいところは、

◍靴屋さんがされているのではないので、靴全体の話が聞ける。

◍メーカー主催でないので、幅広く色んなメーカーの話が聞ける。

ところでした★

講座を受けてびっくりしたこと

1.自分の足が実際思っていた大きさと違っていたこと

測定してもらうまでは、23.5cmで足幅は幅広!って思っていましたが、

測定してもらった結果、22.5cmで足幅は細い!・・・・

あれ、靴ぴったりで買ってるし、いつも窮屈なのだけど( ゚Д゚)

実は、足にぴったりの靴って、靴ベラが必要なぐらい窮屈な靴だそうです。

なぜなら・・靴がぴったりでないことにより、足が一生懸命靴をつかもうとして足に変な力が入ってしまったり、

靴に足を合わせようとして、むくんでしまったり・・・としちゃうそうです。

だから、むくむのか( ゚Д゚)

足幅を意識して、靴を選ぶことが重要とのことでした。

2.足幅はもともと細いもの!

今の靴市場は、幅広ばかり増えていますが、もともと足幅は細い人が多いそうです。

らくちんな靴に慣れてしまい、足に本当に合っている靴の感触を知らない人が多いことで、

幅広が自分の足に合っていると勘違いしている人も多いとか・・

足をちゃんと使って歩いていると足幅は細くなるそうです。

また、最近の若い子は細い子が増えてきているそうです。

3.自分の足にぴったりの靴なんてほとんど存在しない。

市場に出回っている靴は、足幅がE以上のものばかり・足幅が細い人は、CやA・Bになるそうですが、あまり存在しません。

市販の靴は、だいたいの人に合うように作られているの実際自分の足にぴったりの靴は、なかなかないのが本当のところ。

なので、インソールを使って合うように変えて履くことが大切とのことでした。

 

まとめ

今回の講座で、足にぴったりな靴を選んでいるはずでしたが、そうでなかったみたいです。

靴を選ぶチェックポイントや靴の種類分けの方法。靴を履く時の選び方など、

目からうろこだらけ。

靴を選ぶのが楽しくなりそうです。

靴選びって、習うこともなく、店員さんに言われるがまま、痛いの我慢して履くのが当たり前の人が多いかと思います。

ちゃんと知ることによって、より自分の足に合った靴を選べるようになります。

また、靴選びがしやすくなります

ヒール諦めている方や悩まれている方におすすめの講座でした。

 

詳しく知りたい方は、私に声かけていただくか、長谷川さんの講座をチェックしてみてくださいね(^^)/

フットサロン リ・ソールの長谷川久美さんのブログ:https://profile.ameba.jp/ameba/kinakoro214