横川は材木で栄えてた町だった

image

縁あって、横川の街を散策してきました。

横川は、最近
ゾンビナイトや
8月11日にあるよこかわ・川・夏フェスティバルで
賑やかな地域です。

そんな横川は
実は

材木で栄えてた街だそうです。

藍染も有名だったみたいです。

何に使う材木かというと
広島城だったり
戦争中の使うものを入れてる箱だったり。

なぜ横川が材木なのか、

実は川が流れてることで
県北の木や瀬戸内海からも運ばれて来て、検査するところが白島にあったそうです。

また、鉄道も通ってたことから
各地から集まりやすかったそうです。

しかも、面白いことに
昔横川駅から川まで線路がありました❗

image

ピンクの線が線路があった道。

今はビルが立っていて、

どんな感じだったかなーと思いを馳せながらあるいてみたり。

image

image

川まで来ると階段が。

この階段を大雁木と呼びます。

ここを木材を持って上がりったりしてたみたいです。

今はありませんが、スロープになってた場所もあるみたいです。

image

普段何気なく来ている横川が、
材木の街だったなんて全く知らなくて
面白い発見でした。

image

セスナもいた❗

image